So-net無料ブログ作成

中田英寿 社会活動

スポンサーリンク




中田英寿は引退後何をしていたのか?メインは社会活動!?

サッカー元日本代表の中田選手。
彼がドイツワールドカップ後に衝撃の引退発表をし、その後は社会活動に専念していたことは有名です。

社会活動はサッカー関連のものからビジネス、環境、文化などさまざまなジャンルにおよび、
その社会活動をきっかけに中田英寿と親交の深かった他の有名選手の協力やスポンサーも付き始めているようです。

そんな中田英寿の社会活動に迫ってみました。

■一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」の設立
「何かできること、ひとつ。」というテーマを掲げ、引退したサッカー選手の力を借りて地方の活性化を目指す。
具体的には試合やサッカー教室などのイベントの開催など。

ホームページで社会活動実績というコーナーがあったので、簡単にまとめたいと思います。

・コンゴ共和国への蚊帳配布プロジェクト
・南アフリカと中田英寿の地元、山梨県の子供たちにサッカーボール支援
・ケニアで学校給食プログラム
・ベナン共和国、カメルーン共和国へ使用済サッカーボール配布プロジェクト
・ひとり親家庭への保育支援プログラム
・沖縄にて植樹イベント
・ルイヴィトンのチャリティーオークション
・ハイチ支援プロジェクト
・「REVALUE NIPPON PROJECT」日本の伝統工芸を守るイベント
・東北震災への復興支援プロジェクト

・・・すごいですね・・・
外国旅してまわったり、たまに解説者や対談やったりしてんなーと思ってたら知らないところで
いろいろ活動されていたみたいです。

もちろん現役時代から引退した後のビジョンは持っていたようで、『中田語録』という本の中にも
こういう言葉がありました。

「サッカーしか知らない人間にはなりたくない」

異常なまでの好奇心はよく取りざたされており、彼のファッションへのこだわりはメディアにもよく
取り上げられていましたよね。

すでに英語もペラペラでそれ以外にもイタリア語など多くの言語をマスターしているようです。

これからもきっと面白いことをやってくれそうですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。